引越し 一人暮らし

引越しにはリサイクルショップの活用

一人暮らしの引越しの際には、一人暮らしに不用なものは見直して、使っていない電化製品や新居に合わない家具などは、リサイクルショップを積極的に活用しましょう。

 

特に大きな家具がある場合は、リサイクル業者に引き取りにきてもらえば、引越しの荷物が減って引越し費用が安くなります。

 

さらに、引越し当日の運ぶ手間、新居に搬入する手間も減り、引越しがスムーズにいくことにもつながります。

また、意外と荷物になるのが本やCD・DVDといった小物です。

 

気軽にリサイクルショップに持っていきやすいものではありますが、忙しければ自宅まで引き取りに来てくれるリサイクルショップもあります。段ボールに詰めて送るだけで、査定して買い取りしてくれる業者もあります。

 

今では、本屋さんでも、書籍の買い取りをするようになりましたね。

 

注意したいのは、リサイクルショップにも得意・不得意分野があるということ。
少しでも高く適正に買い取ってもらう方法として、ジャンル別の買い取り業者に査定を出してみるとよいでしょう。

 

以下のような、リサイクルのジャンルに特化した買い取りサイトでを利用すると、高値買い取りも可能になるでしょう。

 

 

専門書を主とする古本買取

 

ビジネス、医学書、参考書、問題集、辞書、デザイン本、コンピュータ、法律など専門書をお持ちなら、古本買取の【バリューブックス】が得意分野です。
古本買取価格が他店の10倍20倍になることもあるようです。

 

 詳しくはこちら⇒ 本買取バリューブックス

 

 

古本・CD・ブルーレイディスクの高価買取

 

こちらの特徴は、
■査定額2000円以上で送料無料。
■申し込み方法は、査定を受け、査定額が2000円以上だった場合、 箱に詰めて送るだけ。
■よほど状態が悪くない限り、事前査定額と買取査定額が変わらない。
■商品100点ごとにプラス査定を行っており、 大量にお売りになりたい場合におお得。

 

特に高額になりやすい商品は、

 

■本の場合

  • ビジネス書
  • 各種実用書
  • 各種専門書

 

■CD・DVD・ブルーレイディスクの場合

  • 初回限定盤
  • DVD-BOX

となっています。

 

詳しくはこちら⇒ 買取のケセランパサラン

 

 

ピアノ買取

 

ピアノ買取の無料一括査定依頼ができるサイトです。

 

複数のピアノ買取業者から、厳選5社に一括で査定依頼ができるので、手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。

 

出てきた査定価格を徹底比較して、引き取ってもらうピアノの最高価格が分かります。

 

 

 詳しくはこちら⇒ ズバットピアノ買取比較



 

とはいっても不用品の選別は大変

 

引越しのために荷物を整理する場合には、

 

1.引越し先に持っていくもの
2.リサイクルショップに出すもの
3.リサイクルには出せない廃棄物

 

まずは、ざっくりと、この3種類に分けなければなりません。

 

実は、これがなかなか大変な作業です。

 

しかし、引越しというタイミングでもなければ、部屋の荷物を棚卸しするなんて機会はめったにありません。
ここは一つ、単なる引越しと思わず、生活をリセットする大切な行事として、荷物の選別に取り組んでみましょう。

 

さらに、この作業は引越し業者が見積もりに来る前に済ませておきたいところ。

 

そこで、作業をすばやく済ますやりかたとして、

 

「自分は本当に今後もこれを大事に使うのか?」

 

という判断基準をもって作業することです。

 

トランクルームのご利用はいかが?

めったに使わないけれど、捨てるに捨てられない」本や貴重なコレクションもあるでしょう。

 

しかし、

 

「すべて持っていくとすると、新居に収まらない」

 

ことが予想され荷造りが手に付かない、なんてこともあるかもしれません。

 

そんなときは、トランクルームの利用も考えましょう。、

 

トランクルームとは、住むところとは別に荷物の収納場所を借りるスペースのことです。
トランクルームは、物置タイプやコンテナタイプがあり、形状も色々ですが、例えば電話一本で荷物の出し入れができたり、温度や湿度を一定に保ったりとか、高い保管する機能があります。

 

せっかくの新居の押し入れが荷物でいっぱいになって溢れかえったり、一回り、大きな部屋を借りなければならないことを考えたら、有料でもトランクルームを利用するほうが安上がりで安全というケースもあるでしょう。

 

 

<遠くに引越しをする際のアドバイス>

もしも遠い場所へ引越しをすることになったときのアドバイスをお教えします。
引越しはどうしても料金がかかってしまって大変です。

 

しかも遠方になると料金は上がるばかりです。しかも長年住んでいた場所からの引越しになると荷物も多くて、引越しの準備だけでもとても大変です。

 

そこで利用したいのがリサイクルショップです。
皆さんもご存じだと思いますが、リサイクルショップは普段の家庭でいらなくなったものを売るお店です。

 

そのリサイクルショップに大きな家財道具や要らなくなったものをまとめて引き取ってもらうのです。

 

そうすれば、荷物が減り引越しの手間も費用も助かります。しかも、大きな荷物なら出張で取りに来てくれるのでとても助かります。

 

物によっては買い取ってくれなかったりするものもありますが、タダでなら引き取りますよという業者さんもいらっしゃるので聞いてみるのも良いと思います。

 

売ってしまった家具などは引越し先のお店で購入します。浮いた引っ越し代を考えれば家具が新品になるわけですから私はこちらをおススメします。

 

 

<かしこい引越しの仕方>

引越しのコツは引越し業者選びが最重要ポイントです。

 

まずは、見積もりを何社かにとらせるのですが、ここで見積もりをとりっぱなしの業者はダメです。

 

見積もりをし、こちらの要望にいかに合わせるように努力してくれるか。
それを見極めないといい業者にはめぐりあえません。

 

これは個人の意見ですが段ボールをサービスしてくれる業者は比較的良い業者ではないかと思っています。

 

それと自分なりに引越しの日程リストを作成しましょう。

 

ガスの開栓予定日とか、電気の使用開始日を決めるとかやることは山ほどあります。

 

インターネット上の引越し屋さんのサイトには引越しの手続きがリストになっていてダウンロードできるようになっているところもありますので、利用しましょう。

 

不要品の処理についてですが、引越しの多い私は引越しのときに高くつかないように普段から物を持たないようにしています。

 

そんな私でも入居時と退去時では物が多くなっているときがあります。

 

なので、引越しが決まったら不要品をフリーマーケットで売ったり中古屋さんにだしたりしてなるべくむだのないように処理をしましょう。

 

売る価値のないものは速やかに自治体のゴミ処理施設に連絡をしてひきとってもらっておきましょう。

 

それだけでも見積もり時の段ボールの数を減らすことができ、料金を安くしてもらえるかもしれないし、引越しの時間も短縮できるのです。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

リサイクルショップを活用関連ページ

一人暮らしの引越しはどの方法がおすすめ?レンタカーVS単身引越し業者
一人暮らしの引越しをする方法は色々とありますが、地力(レンタカー)、単身引越し業者、赤帽、一体どれを選ぶのが良いのでしょうか?比較してみました。
引越し費用の相場
一人暮らしの引越し費用の相場を知るために、引越し料金を決める大きな要素である「荷物の量」「作業員の人数」「引越しの距離」「オプション費」を確認しましょう。
引越し業者の上手な選び方
一人暮らしの引越し業者の検索や見積もりはインターネットの一括見積もりサイトを利用することが上手なやり方です。
引越しを安く上手に!
一人暮らしの引越しを安く上手に行うポイントとして、4つのポイントを抑えておきましょう。