引越し 一人暮らし 費用 相場

わずか1分で自分の引越し費用相場がわかる!

例えば東京〜大阪間で一人暮らし・単身タイプでいくと、ざっくりとした額は60,000円〜250,000円になります。
他にも色々な要素が入ってくるので一概には言えませんが、まずはざっくりとした引越し費用を知ることが大切です。

 

では、北海道〜東京間ではどうでしょうか?

 

自分のケースならおよそ引越し費用がいくらになるのか、引越し業者と交渉する前に知りたくないですか?

 

引越し料金の相場を知りたい場合は、引越し一括見積もりが便利です。
最短1分で引越し費用の見積もりを請求して引越し相場を知ることができます。

 

引越し価格ガイドを利用したお客様満足度はなんと 95%以上!

さらに、今なら最大10万円キャッシュバック!!

下記画面から簡単に一括見積できます。

現住所の郵便番号

- 〒郵便番号検索

引越し先の都道府県

引越しタイプ

 

引越し料金を決める要素

引越し料金を決める大きな要素は、「荷物の量」「作業員の人数」「引越しの距離」「オプション費」です。

 

このうち、実は「引越しの距離」である運賃については、運輸省が定めた基準があるのです。
過去に、業者によって引越しの料金があまりにバラバラだったため、1987年に運輸省が基準を設定しました。

具体的には、全国を北海道、東北、新潟、関東・・・といった大きなブロックに分けて、各ブロック内で運賃料金を統一したのです。

 

そして、
・距離が100キロ以内の場合・・・・時間制運賃
・距離が100キロを超える場合・・・・距離別運賃

 

と定められています。

 

 

現在はこのように決まっていますから、基準を超えた見積もり費用は明らかに違法であり、明確な料金の内訳を示さない業者には注意が必要です。

 

<引っ越し業者も、地元に密着>

引越業者のお値段に関してです。

 

信頼感を考えれば、名前を聞いたことがある大手の方が有利です。値段に関しても、そこまで高いということはありません。

 

ただし、ヤマトさんは除きます。あそこは高いです。
しかし、一番しっかりしている気がします。予算の都合さえつけば、ヤマトさんを一番使いたいです。

 

さて、大手以外の引越業者はダメなのでしょうか?

 

中小の引越業者の弱点は、その規模です。
全国を網羅していないので、遠隔地への引越を苦手としています。
そのため、料金も高めになりがちです。大手より高いこともあります。

 

しかし、近距離の引越となれば、話は別です。
同じ市内の引越であれば、大手より値段が安い気がします。

 

中小の引越業者は、特定の地域に特化していることも多く、そのエリアならではの情報にも長けています。たとえば、どの道路が混雑するのかを正確に把握していたりします。

 

どの業者が地元密着かを調べるには、同じ市内を引っ越しする時の料金と、二つ離れた市に引っ越しする時の料金を見比べるのが、効果的だと思います。
地元密着の場合、前者は安いのに、後者が異様に高い場合が多いです。

 

割増料金にも基準値がある

引越し日が土日祝や深夜、冬期の場合には割増料金がかかりますが、割増料金も運賃と同様に基準値があります。

 

例えば、日曜、祝日に運送した場合、基準運賃の20%が基準とされ、この上下限10%の幅で設定しなくてはいけません。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

引越し費用の相場関連ページ

一人暮らしの引越しはどの方法がおすすめ?レンタカーVS単身引越し業者
一人暮らしの引越しをする方法は色々とありますが、地力(レンタカー)、単身引越し業者、赤帽、一体どれを選ぶのが良いのでしょうか?比較してみました。
引越し業者の上手な選び方
一人暮らしの引越し業者の検索や見積もりはインターネットの一括見積もりサイトを利用することが上手なやり方です。
リサイクルショップを活用
リサイクルショップを利用すれば、引越しの荷物が減って引越し費用が安くなります。
引越しを安く上手に!
一人暮らしの引越しを安く上手に行うポイントとして、4つのポイントを抑えておきましょう。