引越し 一人暮らし 方法

一人暮らしの引越し方法を比較しました

一人暮らしの引越しをする方法は色々とありますが、
地力(レンタカー)、単身引越し業者、赤帽、一体どれを選ぶのが良いのでしょうか?比較してみました。

 

 

レンタカーを借りる

 

レンタカーでトラックを借りて、友人に引越しを手伝ってもらう方法です。

「荷物が少ないので安上がりだろう」
「友人が多いから人手は十分」

 

こう考える方も多いでしょう。

 

 

 

メリットとしては、

 

・費用はレンタカー代と友人への謝礼(食事代)のみで、引越し業者に頼むよりも安く済む
・好きな日にち、時間帯でマイペースで引越しができる

 

といったところでしょう。

 

 

一方、デメリットとしては、

・普通免許で運転できる4トントラックの運転はシロウトには意外と難しい。
・タンス、食器棚などの大モノの運搬は難しく、荷物の破損や旧居や新居の床や壁を傷付ける恐れあり。
・運搬中の荷崩れ、思わぬ怪我などは全部自己責任になる。

 

といったことがあるため、あまりおススメの方法とはいえません。
場合によっては次にご説明する単身パックの方が安くなる・・・なんてこともありえます。

 

<自力での引越し体験談>

引越しをすると考えるとき、引越し先の家賃などの予算以外に引越し業者にかかるお金も考えなければなりません。

 

まず考えるのは自力での引越しです。

 

労力こそかかるものの時間さえかけて自分で頑張ればほぼタダで出来る・・・・と考えがうまれますが、これは結構、効率よくかつ自分の荷物を把握しきっている人にのみおすすめの方法です。

 

まず、荷物を2つの家から運ぶということは、どちらの家も借りておかなければならないということです。

 

引越し業者を使えばはじめに住んでいた家の賃貸最終日にまとめて引越しし、その日1日だけ2件借りればいいだけにもかかわらず、自力で行ったため時間や日数がかかりすぎ、引越し業者代は節約したものの2つの家を長々契約してしまうので結果余計にお金がかかってしまうということです。

 

しかしながら引越し業者の単身パックなどに申し込むと結局料金がかかってしまい荷物を把握していないと追加の料金がとられてしまいます。

 

一番のおすすめは、引越し業者並みの動きを1日で効率よくやることです。

 

そういう時は友達や家族など身近な人に協力をお願いしておくとよいかもしれません。

 

 

単身パック(単身者向けの引越しサービス)

 

単身パックとは、宅配便業者の単身者向けの引越しサービスです。

 

荷物の量がトラック1台では大きすぎるが、自分の車で運ぶには載りきらない場合など、単身者によく利用されるプランです。

 

 

このサービスの売りは、なんといっても引越し料金が格安で済むという点です。

 

荷物の少ないひとり暮らしを始める学生さんや、単身赴任のサラリーマンなどに向いています。

 

単身者向けのサービスの場合、専用BOXの個数やサイズで料金が大きく違ってくるので、専用BOXのサイズをしっかり確認することが必要です。
専用BOXの数が増えて、結果的には通常プランのほうが安かった…ではシャレになりませんので。

 

ですから、

 

できるだけ小さいサイズで且つ少ない個数に収めるように、搬出する荷物を調整する

 

ことが安くできる秘訣といえそうです。

 

クロネコヤマトの単身引越サービスでは、専用BOXに入りきらない場合、らくらく家財宅急便と組み合て余分な追加料金が発生しないようなサービスもしています。

 

日通が単身者向け引っ越しサービスで有名ですが、荷物の量などケースによっては日通以外にも他社で安く済む場合もあります。

 

複数社から見積もりを取ることで最適な引越し業者を見つけてくださいね。

 

 

 

赤帽

 

赤帽は単身者や学生さんの引越しによく利用されます。費用を安くあげようと考えたときにまず候補に上がるのが赤帽です。
特に荷物が少なく移動距離が短い場合に便利です。
梱包や荷造りまで行ってくれ日時の指定も可能など、さまざまな要望に応えてくれたりします。

 

但し、赤帽は個人事業主の集団ですから、サービスの質が一定でない点が挙げられます。
よい業者に当たればよいのですが、当たり外れが大きいようです。

 

ひどい業者に当たった場合は、荷物の搬出・搬入は自分ですべてしなくてはいけない、約束の時間を守らないなど、本当に嫌な思いをすることになりかねません。

 

引越し料金を、安さ最優先で選ぶなら赤帽は有力候補ですが、質のばらつきがあるのは覚悟しなくてはいけないでしょう。

 

また、引越しを行うということは、大変な労力危険が存在していることが分かることでしょう。

 

そうした危険に対して、事前に対処を行う方法を知っているかどうかということも、引越し作業を安全に行うためには欠かせないものになります。

 

そんな時に重要な判断基準となるのは、どれくらいの金額まで、引越しを行う際に起こった事故やトラブルに対しての保証を行ってくれるのかということです。

 

大手の引越し会社であれば、多くの場合単身引越しで発生するような金額内での保証は行ってくれるものです。

 

業者の知名度などからも、安心して引越しを行うことができるのは、引越しを専門に扱っている業者であるということができるでしょう。

 

それに対して赤帽は、赤帽という会が存在し、その会員になっている運送業者が存在しているものの、どの赤帽も、あくまで運送会社の延長で行っているものです。

 

そのため保証等に関して細かいマニュアルなどが定められているというわけではないのです。

 

そのため赤帽で保証がされるかどうかということは、完全にその店舗の個人的な判断に委ねられることになります。

 

いくら安く引越しを終えることができたとしても、トラブルに巻き込まれてしまった場合には、結果的に多くの金額は支払わなくてはならないという状況も生まれるため、特に注意が必要です。

 

 

<赤帽や個人業者との交渉体験談>

一人暮らしでの引越で高い費用はかけたくないもの。
そんなときは個人業者や赤帽を使うと、2〜3万(距離と業者、荷物の量による)で引っ越しできます。

 

荷物の量が少ないことがポイントですが、
引越前に事前に自分で荷物をしっかり梱包することが重要です。

 

一人暮らし、ワンルームなら段ボールで20〜30箱程度の荷物になるはず。

 

これを越えるようなら荷物を実家に分散したり、トランクルームに預けるなど考えた方が良いかもしれません。

 

個人業者の良いところは、場合によっては自分も一緒に乗せていってもらえる場合があること。

 

2〜3万円で引っ越しするのに、自分の交通費が3000円とか5000円とかでは結構馬鹿になりません。
片道分ですがこの交通費が安くあげられる可能性があることもポイントです。

 

もちろん引越業者の義務ではありませんので、頼んでみて、ダメだったら諦めてください。

 

最近はネットで個人業者何十社に同時に見積もるサービスもあるので、
そういったところで見積もりを取ると良いと思います。

 

ただし個人業者が信用できるかは保証しませんので、見積もりの段階でしっかり話をして信用できる業者か見極める必要があります。
業者の確認には見積もりサイトの信用情報や、口コミ情報も有効です。

 

一人暮らしの引越しは赤帽がおすすめ

 

18歳から社会に出て働き始めた私の経験上、一番安く引越しを済ますには赤帽が一番でした。

 

一番のおすすめポイントが安い点。どの業者よりも、断然安いです。

 

作業員1人につき2時間で8千円程度から(地域によって若干変わる)お願いできます。
追加で1時間増えるごとに数千円の超過料金が発生しますが、他の業者だとこうはいきません。

 

デメリットは荷造りはしてくれず、自分で梱包する必要があることでしょうか。ダンボールもじぶんで用意します。

 

でも、普通の引越しでもある程度は自分でまとめる必要があるので気にならないと思います。

 

早く終わらせて安く上げるポイントとしては、自分も積極的に参加して、一気に終わらせてしまいましょう
女性でも重いものは任せて、軽いものを持てば十分手伝いになるとおもいます。

 

最後に、どんな引越しでもそうですが、作業員の方を労りましょう
階段の多い物件だと、作業員の方も疲れてしまいますし、作業後には労りのコーヒーでもご馳走してあげるとよいとおもいます。

 

大手の引越屋さんは準備もしっかり、建物の養生もやってくれて至れり尽くせりですが、気楽な一人暮らしであれば、赤帽がベストな選択だと思います。

 

物入りの新生活、安く引越しができると嬉しいですね。

 

 

若い単身者向け、格安引っ越しの仕方
さすがに家族を持つと荷物も膨大、貴重なものもたくさんあるのでこの方法は無理かも知れませんが、

 

1Rや1DKに住んでいる単身の方におすすめの格安引っ越しの仕方があります。

 

それは赤帽を利用することです。

 

 

赤帽はもっと気合いの入った他の引っ越し業者と比べて、貴重品の扱いなどには若干不安が残りますが、時間制なので、近距離、荷物が少ない人だと1万円以内で収まったりします。

 

私も若い頃は、必ず赤帽に頼んでいたので引っ越し資金はそんなに必要ありませんでした。

 

ただ、梱包作業は自分でやらなくてはいけないのと、荷物の積み降ろしも手伝わなければいけません。

 

(といっても基本的にはやってくれるので、軽いものを運んだり、なんとなく手伝ってる感じで大丈夫でした。)

 

少し荷物が多めだと2回に分けてやったりもいいのではないでしょうか?

 

ただでさえ敷金、礼金、不動産手数料に莫大なお金を払っているので、引っ越しの経費はなるべく削減したいものです。
まあ、それより安上がりなのはレンタカー借りて友達に手伝ってもらう方法かも知れませんが、友達にも気を使うし、体力も結構いりますよね。

 

なので、そんなに気を使わなくてすみ、費用も安上がりな赤帽
荷物が少なくて、近距離の引越なら検討する価値はあると思います。おすすめです。

 

 

大手引越し業者、引越し専門業者が一番か?

 

テレビCMをやっているような大手の引越し専門業者は大々的に宣伝していて安心感があります。
作業員のほとんどはアルバイトですが、教育も徹底していて挨拶から作業まで洗練されています。

 

オプションも豊富に用意されていて、
荷造りまら荷解きまで全部任せるコースまであります。

 

したがって、大手の引越し専門業者は満足度は高いといえますが、当然料金は「高い」ですね

 

一方、中堅小規模業者や宅配便業者の場合はどうでしょうか?

 

こちらは、安心面で不安があるものの大手と比べて低価格が期待できます。
宅配便業者の単身パックなどは低価格を売りにしたサービスです。1台のトラックに何人もの荷物を載せることでコストを抑えているんですね。

 

では、どういった業者を選べばよいでしょうか?

 

距離が短く荷物量も少ない場合は値段の安い引越し業者に頼んでもよいでしょう。

 

しかし、中長距離で、かつ高級家具やピアノなどの大物の荷物が多い場合は大手引越し業者を選ぶと安心だと思います。

 

 

<超短距離でも引っ越し業者を利用するメリット>

今までに3回の引っ越しを経験していますが、その中で最も短距離の引っ越しが、直線距離にして約200M程の引っ越しでした。

 

それだけ短距離ならば自分で荷物を運んで引っ越す方が費用は安く済むのですが、当時小さな子供がいたため、それは断念しました。

 

冷蔵庫や洗濯機などの大きなものは、やはり小さな子供がちょろちょろしている状態で素人が運び出すのは危険を伴いますので。

 

安全を考慮して、費用は掛かりますが引っ越し業者さんにお願いして引っ越すことになったのです。

 

引っ越し業者さんはやはりプロですね。細かいものは自分たちでダンボールに詰めましたが大型の家具などは業者の作業員の方に梱包して運んでもらいます。

 

そのスムーズさは目を見張るほど。
2人がかりで毛布や緩衝剤を使ってささっと梱包し、運び出しも掛け声一つで危なげなく行ってくれました。

 

こうした安心感が引っ越し業者を利用するメリットの一つですね。

 

引っ越し距離は大変短いものでしたので、移動途中のトイレ休憩も取らずに新居への家具の搬入を始めました。

 

その為、朝一からの引っ越し作業でしたがお昼前にはすべての作業が完了しました。

 

短時間で完了するというのも小さい子供がいる家庭が引っ越し業者を利用する際のメリットです。

 

友人に協力してもらう

引越しを安く済ませるには、いかに運送費を浮かせるかがカギとなります。

 

大学生や単身者が引越しをする場合、業者に頼むほかに友人に協力してもらって引越しをすることで安く済ませようと考えるでしょう。

 

しかし、実は友人に頼むというのは意外と出費がかさんでしまう事があります。

 

 

確かに、人手としての友人はとてもありがたいものです。
ただ、何にもなしに手伝ってもらうわけにも行かず、引越し後に打ち上げをすると、この費用が思った以上にかかります。

 

また、自分を含めた誰かが免許を持ち、かつある程度大きな車が必要になるわけで、無い場合にはレンタカーとなり、ここにも大きなコストが発生します。

 

大学時代に引越しをした友人たちも友達に頼んで思った以上に費用がかかったと話ていました。

 

 

自分の荷物の量、運搬方法の有無を考えて、引越しを誰に頼むかを考える事で、無駄なコストを発生させず、予算を立てることが出来、それが費用を安く済ませることに繋がっていくのでしょう。

 

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

一人暮らしの引越しはどの方法がおすすめ?レンタカーVS単身引越し業者関連ページ

引越し費用の相場
一人暮らしの引越し費用の相場を知るために、引越し料金を決める大きな要素である「荷物の量」「作業員の人数」「引越しの距離」「オプション費」を確認しましょう。
引越し業者の上手な選び方
一人暮らしの引越し業者の検索や見積もりはインターネットの一括見積もりサイトを利用することが上手なやり方です。
リサイクルショップを活用
リサイクルショップを利用すれば、引越しの荷物が減って引越し費用が安くなります。
引越しを安く上手に!
一人暮らしの引越しを安く上手に行うポイントとして、4つのポイントを抑えておきましょう。