引越し 一人暮らし

引越当日には、靴下を二枚以上

 

引越当日の服装は、動きやすいものが基本です。温度管理がしやすいように、重ね着で調整できるようにしておくといいでしょう。
軍手も複数用意しておきたいところです。

 

と、ここまでは、多くの人が考えると思います。

 

しかし、足下はどうですか?
靴は履き慣れたものくらいしか、考えていないのではないでしょうか。

 

引越し当日(特に荷物を運び出すとき)はバタバタするので、玄関をちょっと出たり入ったりということが多くなります。
そんな時、靴を履いてられない、靴を履くまでもないという場合も出てきます。

 

しかし、裸足ではないにしても、靴下一枚では、危険です。
引越の現場には、意外と色々な物が落ちていたりします。

 

そこで、靴下を二枚履いておくのがおススメです。

 

ちょっとした物を踏んでも、怪我の危険はぐっと下がります。
また、荷物を運び出す時に汚れたら、一枚を脱いでしまうこともできます。
靴を履くかどうかためらうことなく、パッと外に出ることもできるので、作業効率が若干上がります。

 

あとで、床の水拭きは必要ですが、この方法を使わない場合でも、同じような掃除はするので、余計な手間ではありません。

 

梱包をどうするかがポイント

どのような場合の引越しであっても、自分で行わなくてはならない作業が、引越しが始まる前の荷物の梱包であり、梱包の方法を知っていれば、引越しの効率を飛躍的に上昇させることも可能になります。

 

そのため引越しを行うにあたって、梱包の方法や、梱包した荷物の扱いをどのようにするかを確認することがとても重要なことになります。

 

自宅にあるもののうち、最初に引越しを行うために梱包すべきものは、今の自分に必要のないものです。
例えば、今の季節には着ないような服や、滅多に読むことのない本などは、引越しの作業を始める上で、最初に梱包してしまっていいものです。

 

そうすることによって、引越しを行うまでの間の生活をなるべく困らないものにすることができるようになるのです。

 

また引越し当日に、一度で運ぶことが出来る荷物の量は限られたものになってしまいます。

 

そのため一度に積みきらなかった荷物の扱いをどうするかということも、引越しの作業を効率よく進めていくためには欠かせないものになります。
例えば積みきるだけの荷物を最初にトラックなどで運んでしまい、あとは宅急便などを利用して後日受け取るという方法です。

 

この時のポイントも、後から届ける荷物は今使うことがないようなものにするということです。

 

こういった基本的なことを覚えておいて実践することによって、引越しのための効率というものは、飛躍的に上昇していくものです。

効率良く単身で引越しをする方法

私は、進学、就職や転勤に伴って何度か単身で引越しをしました。
私の経験に基づいて、できるだけ少ない労力で単身で引越しをする方法をアドバイスします。

 

まず第一に、自分の荷物をすべて転居先に運び込もうとしないで、生活に最低限必要なものを中心に荷物を絞り込んで、足りないものは新しい転居先で揃えるつもりぐらいで引越荷物をまとめることをお勧めします。

 

荷物を絞り込む過程で、意外に不必要なものが多いことに気づくかもしれません。

 

第二に、転居先で引越荷物を開封整理することを念頭に置いて、段ボール等には何が入っているかを大まかに記入しておくことをお勧めします。

 

第三に、引越荷物を開封整理する順番を事前に決めておくことをお勧めします。

 

私は、まず天井の照明器具の取り付けを行います。当然引越屋さんのスタッフがいるので、照明器具の取り付けを頼んでやってもらいました。
次に床にカーペット類を敷きます。
そのうえでベットや家具や机などの大きな荷物を事前に決めていた位置に設置してゆきます。

 

ここまで出来ればもうあわてて荷物を開封整理する必要はありません。

 

段ボール等を邪魔にならないところに置いて、一服してから必要なものを少しずつ開封整理してゆけばいいのです。

 

疲れを感じたら翌日以降に荷物の整理をしてもいいと思います。 

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ
page top