引越し 一人暮らし 差し入れ

引越業者がもらって嬉しいもの

引越が終わった後、業者さんにお茶などをあげたりしています。
その経験をいかして、過去にあげて喜ばれた物を、業者さんの話を踏まえて、勝手にランキングにしてみました。

 

第三位は栄養ドリンクです。

 

夕方の引越だったというのもあるかもしれません。
引越業者の繁忙期というのもあったのかもしれません。とても喜ばれました。
お茶などは好みなどがあり、業者さんが自前で買ったりするので、悪くはないけど良くもないみたいです。
栄養ドリンクの場合、仕事仲間にあげたりもできるということでした。

 

第二位はウェットティッシュです。

 

夏場では、最強アイテムです。移動に次ぐ移動になるので、引越トラックの運転席は暑いことが多いらしいです(エアコンがきくまでは時間がかかるので)。

 

そんな時に、濡れタオルの代わりに首に巻いたりできるので、便利なんだそうです。
あと、手を洗う代わりにもなるそうです。

 

第一位は、水のペットボトルです。

 

ペットボトルは自前で買うことが多いそうですが、お茶が大半だそうです。

 

水のペットボトルは一本あれば、頭からかけることもできるし、手を洗うことができます。
さらに、飲めます。

 

使用用途が幅広いのが、人気の秘密です。

 

逆に、これは困るというのが、意外にも缶の飲み物だったりするそうです。

 

自動販売機ですぐに買えるので、業者さんへのお礼の定番になっていますが、缶は開けるとその場で飲みきる必要があります。

 

一本ならいいのですが、一日のうちに何本ももらうと大変なんだそうです。

引越前日、携帯電話に充電を

引越の時には、意思の疎通が重要になります。

 

昔とは違い、今は携帯電話があります。
しかも、多くの人が一台ずつもっています。普通に考えれば、その場その場で通話することで意思の疎通が図れそうです。

 

しかし、そこの落とし穴があります。

 

引越の日、電気が止まります。こうなると、充電はできません。

 

充電用のバッテリーを買ってくるしかありませんが、これが結構高かったりします。
前日に充電をしっかりしていないと、悲劇が起こります。

 

引越当日は、携帯電話に連絡がどんどん来ます。
引越業者、電気・ガス・水道の業者、家族、友人などからです。

 

途中でエネルギーを使い果たすと、大ピンチが待っています。

 

特に、古い携帯電話の場合、バッテリーの充電能力が著しく低下しているので、窮地に陥る危険が高いです。

 

最悪、実家を経由して連絡を取り合う羽目になります。
最近は公衆電話が少ないので、友人の携帯電話を借りることになります。

 

しかし、実家が遠隔地だったりする上、通話の回数が増えるので、いい顔はしてくれません。友情にヒビが入ります。

 

こうならないために、引越前日には、携帯電話をしっかり充電しておいた方がいいです。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ
page top