引越し 引越し業者 交渉

引越し業者との賢い交渉術の体験談を集めました

良い引越業者の担当者にあたるテクニック

大手の引越業者に依頼する場合、最も重要なのは実際に梱包・開梱をやってくれる引越業者の「担当者」です。

 

担当者のレベル次第で引越の作業時間が倍ぐらい変わることもありますし、ひどい担当者になると、荷物を破壊されたりします。

 

某大手で引っ越しした際にも植物・棚が破壊され、移動棚のキャスターは破壊された上に接着剤で破損を誤魔化されていたために発見が遅れ、修理に余計な時間がかかってしまいました。(我が家の実話です)

 

良い担当者に当たるにはどうしたら良いか?

 

一番簡単な方法は、見積もりの際に営業担当者に

 

「いい人を付けてくれるなら御社で契約する」
「いい人の都合に合わせて引っ越しする」

 

と人を指定することです。

 

引越業者の社内では、良い人・悪い人は結構分かっているものです。
その人を振り分けてもらえるように交渉すれば良いのです。

 

ただし良い担当者は限られるので、繁忙期(8月・3月)にはなかなか手配が難しくなります。

 

引越は繁忙期を避けると安く、良い引越ができます。

 

どうしても繁忙期に引っ越す新入社員などは、なるべく早く予約を入れておくことをオススメします。
これも繁忙期では保証はできませんが・・・

 

とにかくプランとか価格とかの前に、引越は「人」です。
良い人に担当して貰うためには全力を注ぐことをオススメします。

 

引越し見積もりの方法とは

引越しというと、その移動距離や、人数にもよると思うのですが、なんといっても、いかに安く、快適にすませるかということにつきるのではないでしょうか。

 

格安で引越しをスムーズに終わらせたい。

 

多くの人が、そう思って行動をしているような気がします。引越しを考え、その場所を決めたとき、次にすることと言えば、見積もりです。

 

引越しの見積もりは、必ず3社以上のところから見積もりをしてもらうことをおすすめします。

 

それも、大手なら大手同士という、同じようなレベルのところに見積もりに来てもらうといい結果が生み出せます。

 

交渉のしかたでは、はじめに提示された金額よりも数万円安く、引越しができるようになるからです。

 

その時は、具体的に「どこどこの引越し業者はいくらでした」というふうに名前を出してもいいと思います。

 

ライバル業者でしたら、そのあたりを強く意識していますので、安くしてくれる可能性が生まれやすいからです。
あとは、自分で運べるものは、自分の手で運ぶということです。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ
page top