引越し 一人暮らし

おまかせコースで一人暮らしの引っ越し

引っ越しをするにあたり、まずは、電話帳で調べて、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いしました。
全て、大手の業者です。その上で、見積もりに来た人の感じが良く、値段の安い所に決めました。

 

知人のご家族に引っ越し関係の仕事をされてる方がいて、使ってくれないかと頼まれましたが、義理がからむと値切りにくくなるので、丁重にお断りしました。

 

見積もりの時より、少し片づけて不用品をある程度処分した頃、もう一度、すでに心の中で決めている引っ越し業者さんに来て頂きました。

 

引っ越しのコースは、全ておまかせしますというコースです。

 

数社の見積もりをとっていることをお伝えしていましたので、他社はどのくらいの価格だったのかを聞いてきましたが、言葉を濁しておきました。

 

他とも比較することを匂わせると最初の見積もりは28万円でしたが、25万円になりました。
エアコン3台の取り外しと取り付け工事代金、不用品の処分代金も込みです。

 

一人暮らしでも、電化製品などは一通りあり、大型のオーブンなどのキッチン用品がかなりありましたので、荷物の量は割と多いと言われました。

 

引っ越し先は車で1時間以上かかるので、1日で荷作りして運んで荷ほどきは、引っ越し先がマンションのためご近所迷惑ではないかとのことで、1日半の工程です。

 

1日目は、荷作りと搬送と、その夜にとりあえず必要なものだけを運び込んでもらい、残りの荷物はトラックの中です。
2日目に全てを運び込んで、家具の設置と荷ほどきです。

 

そこまで話をすすめておいて、引っ越しの数日前、担当の人に電話をして、引っ越し間際の値段交渉をしました。

 

不用品は全て処分したことを伝え、もう少し、なんとかならないかしらと、電話でねばります。

 

上司に相談して電話を下さることになり、再び頂いた返事は、消費税込みで18万円でした。

 

引っ越し当日は、私は指示をするだけでしたので非常に楽でした。段ボール箱に丁寧に入れ、どこにあったものかを一箱ずつ書いてくれました。

 

2日め、食器棚や本棚を設置する時に勧められて、地震の時に倒れないようにするものを下にひいてもらいました。

 

けっこうな値段がしましたが、普通の量販店でも同じくらいの値段だということを知っていましたから、後から設置する面倒をはぶきました。

 

おまかせコースですので、お皿の一枚も触らずに引っ越しは完了しました。

 

今まで何回か引っ越しはしましたが、一番、楽な引っ越しでした。

 

失敗したと思うのは、押し入れやクローゼットの湿気取りシートです。以前の住居は冬の結露がすごくて、クローゼットの中まで結露していましたので、迷わずシートをしいてもらいましたが、機密性が高く、ペアガラスの入ったマンションには必要ありませんでした。
じゃまにもなりませんが、少しだけ惜しい引っ越しとなりました。

 

でも、再度、引っ越す時があれば、また同じ引っ越し屋さんにお願いしようと思います。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

おまかせコースでの引っ越し関連ページ

徹夜になった引越し準備
東京から福岡へ引っ越しで徹夜になりました。
引っ越しのおにぃさんが大変なのは誰のせい?
都内から都内への単身の引っ越しの際、まずはポストに入っているチラシの中から、よさそうなところを選んで電話で見積もり依頼しました。
タイミングと移動手段の大切さ
引越し体験と裏ワザ。引越のタイミングと、ゴミ出し日のタイミングを考える。引越の時に、移動で失敗。
格安で済んだ一人暮らしの引越し(東京→大阪が3万円)
宅配業者の単身パックで格安にできた引越し体験談
ネットで引越し見積もりしたら
一人暮らしの引越しはプロに任せましょう。引越しは実に15年ぶりです。
一人暮らしからの初めての引っ越し
引越しの準備で箱詰めに苦労した体験談
繁忙期は避けたい引越し
最初の引越し業者さんは、60万円を越えていました。
見積もりの大切さ
引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。
引越し祝いに喜ばれるもの
私の体験談も交えてオススメしますが、もし周りにそういった方が居て、その方に対して引越し祝いに何を贈ろうか迷っている方がいましたらおススメのグッツがあります。
引越し作業中に出た要らないもの
引越しともなると、まだ使えるから、いつかは使うからで残していた物が、実はそんなに必要じゃなかったということが浮き彫りになると思います。
驚きの見積価格
一人暮らしの引越し見積もりをとって、初めてこれほどまでに値段が違うのだということがわかりました。
新卒引越体験談
新卒で神奈川勤務になった私。福岡からはかなり遠く学生時代から一人暮らしをしていたので荷物は想像以上に沢山ありました。
引越し業者と上手に付き合う
引越し業者と上手に付き合うための3つのコツ
引越しの挨拶で渡すべき品物
引越しの挨拶でティッシュや洗剤などを挨拶の品物として渡すのが一般的ですので、そういった物で良いと思います。