引越し 一人暮らし 体験談

格安で済んだ一人暮らしの引越し

私は、単身で引越をした経験が3回あります。

 

東京での就職が決まり、大阪から引越しをしたのが1回目。 このときは、実家からの引越しのため、家具のほとんどを東京でそろえました。
衣服や書籍を少し送る程度だったので、荷物はすべて宅配便で送りました。

 

2回目は、東京都内から東京都内への引越し。
当時住んでいた会社の社員寮が売却されることになり、急遽家捜しをすることになったのです。
引越し業者を急いで選んだのですが、同じ寮に同居している同僚が引越しをした業者に決めました。

 

近距離だし、格安の業者はネットでいくらでも見つかったのですが、何やら怪しげな会社も多く、同僚が利用したという安心感がありその業者に決めました。 確か3万円くらいで済んだと思います。

 

軽トラが1台来て、作業者は2名。1名は40代、もう一人はすごく若いアルバイト。原付が載せられなかったので自分で運転したのを覚えています。
ほんの数キロしか離れていなかったので、特に問題なしでした。

 

3回目は東京から大阪への引越し。
仕事を辞めて、実家に帰省することになりました。
このときは時間がたっぷりとあったので、慎重に業者を選びました。

 

ただ、時期が3月だったため、どこも繁忙期価格で、業者選びは難航しました。

 

CMで有名なとある業者に電話で見積もりをお願いすると「25万円かかります」との回答が・・・。

 

その業者は、トラック1台を貸し切るので、単身でもファミリーでも値段が変わらないとのことでした。

 

ネットの一括見積もりなどもしてみましたが、相場は8万円?10万円のようで、出費は避けられないとあきらめかけていたところ、ふと思いついたのが宅配業者の単身パック

 

電話で問い合わせてみると東京→大阪がなんと3万円!
一も二もなくそこに決めて、申し込みをしました。

 

1台のトラックに何人もの荷物を載せることで安くなるようです。
大手宅配業者のため、運搬も丁寧で文句なしでした。

 

ただ、段ボールが有料だったのでスーパーからもらってくる手間がかかってしまいましたが・・・。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

格安で済んだ一人暮らしの引越し(東京→大阪が3万円)関連ページ

徹夜になった引越し準備
東京から福岡へ引っ越しで徹夜になりました。
引っ越しのおにぃさんが大変なのは誰のせい?
都内から都内への単身の引っ越しの際、まずはポストに入っているチラシの中から、よさそうなところを選んで電話で見積もり依頼しました。
タイミングと移動手段の大切さ
引越し体験と裏ワザ。引越のタイミングと、ゴミ出し日のタイミングを考える。引越の時に、移動で失敗。
ネットで引越し見積もりしたら
一人暮らしの引越しはプロに任せましょう。引越しは実に15年ぶりです。
おまかせコースでの引っ越し
引っ越しのコースは、全ておまかせしますというコースで格安にできた引越し体験談
一人暮らしからの初めての引っ越し
引越しの準備で箱詰めに苦労した体験談
繁忙期は避けたい引越し
最初の引越し業者さんは、60万円を越えていました。
見積もりの大切さ
引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。
引越し祝いに喜ばれるもの
私の体験談も交えてオススメしますが、もし周りにそういった方が居て、その方に対して引越し祝いに何を贈ろうか迷っている方がいましたらおススメのグッツがあります。
引越し作業中に出た要らないもの
引越しともなると、まだ使えるから、いつかは使うからで残していた物が、実はそんなに必要じゃなかったということが浮き彫りになると思います。
驚きの見積価格
一人暮らしの引越し見積もりをとって、初めてこれほどまでに値段が違うのだということがわかりました。
新卒引越体験談
新卒で神奈川勤務になった私。福岡からはかなり遠く学生時代から一人暮らしをしていたので荷物は想像以上に沢山ありました。
引越し業者と上手に付き合う
引越し業者と上手に付き合うための3つのコツ
引越しの挨拶で渡すべき品物
引越しの挨拶でティッシュや洗剤などを挨拶の品物として渡すのが一般的ですので、そういった物で良いと思います。