引越し 新卒

スッタモンダの新卒引越

新卒で神奈川勤務になった私。
福岡からはかなり遠く学生時代から一人暮らしをしていたので荷物は想像以上に沢山ありました。

 

とはいえ、両親は国内におらず、「実家」がないので必要ないけど大事なものを引き取ってくれる場所がありませんでした。
しかたなく神奈川の新居へ持っていく事になったのですが、苦労の連続。

 

まず、会社側が借り入れで新居を用意してくれたのですが、入社前の研修が終わらないと場所を教えてくれない。

 

なぜ?どうして?

 

人事担当に事情を説明してもどうしても教えてくれませんでした。

 

仕方がないから親戚の家の空き部屋に預かってもらう事に。
研修後、住所がわかると即おじさんに連絡をして指定した日程に送ってもらうように手配しました。

 

これで、後は荷物を受け取るだけだ…と思ったら。
指定したはずに日時に荷物が届かない。

 

なぜ?どうして?

 

外が真っ暗の夜になっても電話の一本もありません。
我慢できずに引越センターに連絡すると、次の日と勘違いしてた、というひどい話。

 

この頃はまだ4月になったばかりの肌寒い時季です。
がらんとした部屋には布団もなければ、近くにホテルもない。

 

新天地なのでどこに何があるのかわからない。仕方がないので凍えそうになりながら一晩過ごしました。

 

翌日、引越業者はちゃんと来てくれましたが、頼んでいたはずの領収書を用意していませんでした。
怒りたい気持ちを抑えつつ、再度お願いをして届くのを待ちました。

 

が、一週間経っても領収書が届かない。
引越代は、会社に請求すれば全額戻ってくるので私にとってはとても大切な領収書です。

 

なんせ引越費用が30万円もしたんですから。とんでもない金額です。

 

しかもおじさんから借りたお金で引越したので早く返したい。

 

お金にルーズな人間だと思われたくない。
担当者に何度も電話をしたのですが、毎回「送ります」と応えますが一向に送ってきません。

 

我慢ならず「領収書をくれないのなら全額払い戻せ」と訴えると、3日後、やっと領収書が届きました。

 

引越してから三週間は経っていました。

 

人事担当からは「今頃領収書を持ってきたの?」と呆れ顔をされてしまい、本当にあの引越業社を5寸釘で呪ってやろうかと思いました。

 

本当にストレスの溜まるスタートでした。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

新卒引越体験談関連ページ

徹夜になった引越し準備
東京から福岡へ引っ越しで徹夜になりました。
引っ越しのおにぃさんが大変なのは誰のせい?
都内から都内への単身の引っ越しの際、まずはポストに入っているチラシの中から、よさそうなところを選んで電話で見積もり依頼しました。
タイミングと移動手段の大切さ
引越し体験と裏ワザ。引越のタイミングと、ゴミ出し日のタイミングを考える。引越の時に、移動で失敗。
格安で済んだ一人暮らしの引越し(東京→大阪が3万円)
宅配業者の単身パックで格安にできた引越し体験談
ネットで引越し見積もりしたら
一人暮らしの引越しはプロに任せましょう。引越しは実に15年ぶりです。
おまかせコースでの引っ越し
引っ越しのコースは、全ておまかせしますというコースで格安にできた引越し体験談
一人暮らしからの初めての引っ越し
引越しの準備で箱詰めに苦労した体験談
繁忙期は避けたい引越し
最初の引越し業者さんは、60万円を越えていました。
見積もりの大切さ
引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。
引越し祝いに喜ばれるもの
私の体験談も交えてオススメしますが、もし周りにそういった方が居て、その方に対して引越し祝いに何を贈ろうか迷っている方がいましたらおススメのグッツがあります。
引越し作業中に出た要らないもの
引越しともなると、まだ使えるから、いつかは使うからで残していた物が、実はそんなに必要じゃなかったということが浮き彫りになると思います。
驚きの見積価格
一人暮らしの引越し見積もりをとって、初めてこれほどまでに値段が違うのだということがわかりました。
引越し業者と上手に付き合う
引越し業者と上手に付き合うための3つのコツ
引越しの挨拶で渡すべき品物
引越しの挨拶でティッシュや洗剤などを挨拶の品物として渡すのが一般的ですので、そういった物で良いと思います。