引越し 見積もり

比べてびっくり、引越の見積価格

学生時代、一人暮らしをしていた私は、四畳半プラス小さなキッチンと、押入れという小さな和室のアパートに一人暮らしをしていました。

 

引っ越した当初は、荷物も少なく、広々としていた部屋でしたが、約2年間生活をした部屋は知らず知らずのうちに荷物が増え、手狭な部屋になっていました。

 

新しい、引越し先は、今住んでいるところから、直線距離で約5キロです。
コレといった大きな荷物もなく、まぁそれほど高くはかからないだろうと思っていました。

 

しかし、見積だけは取ってみようと、自宅近くの公衆電話に行き、タウンページ片手に引越し業者のページから次々と電話をかけてみました。

 

インターネットなどで手軽に一度にまとめて検索ができることを、その時は知らなかったので、地道にかけてみました。

 

どうやら、見積もった量によると、私の荷物は、軽トラック一台に乗り切るようです。

 

 

初めにかけた、テレビでもよく聞く業者は、なんと見積金額10万を超えました。

 

作業する人が二人、そして、全て初めから梱包してくれるそうです。
作業員一人で、梱包もこちらでして、作業を手伝います、と伝えてみたところ、規定に無いのでできないとの答えでした。

 

 

次にかけたのは地元の中堅業者です。

 

そちらは約4万円
こちらは作業者一人で、梱包はしてくれませんが、少し安いです。

 

 

最後にかけたのは、CMは見ないけれど、街でよく見かけるフランチャイズ系の業者です。

 

試しに見積もりをとったら、なんと1万円でいいそうです。

 

作業者はもちろん一人、梱包はなしで、そのかわり自分でも作業を手伝います。
手伝うといっても、段ボール箱に入った衣類などを、業者さんの指示に従って運んでいくだけです。

 

多少疲れますが、大きい物や重いものは運んでくれました。
それで、3万円も違うのであれば、運ぼう!ということでこちらの業者に決定しました。

 

見積もりをとって、初めてこれほどまでに値段が違うのだということがわかりました。

 

事前に細かいものはまとめておくのはできそうですよね。
それだけでこんなにも価格が違うのであれば、少しの手間をかけてもよいと、思いました。

 

引越し業者って色々ありますよね。
丁寧さ、料金、どこまでやってくれるかなどなど、今回は引越し経験が3度ある私の引越し経験談をお話させていただきます。

 

まず、引越しは1人暮しで最低限の荷物があれば良い方は確実に自分の車で運んでしまった方が安いです。
学校を卒業して寮に入る頃、私は靴や洋服、小型テレビ1台と布団を持って自分の車で運んだ経験があります。

 

この場合、自分で運ぶ労力は必要ですが単純にガソリン代位しかかかりませんし、自分の好きな日取りで実行できるので
おすすめです。

 

次に結婚し2人分の引越しをする時に使ったのは2tトラックのレンタカーでした。
ベッドや二人分の洋服、小型テレビ、パソコン、2ドアの冷蔵庫、洗濯機、電子レンジを大人3人で運びました。

 

引越し前に業者に見積もりを取った所、5万位かかると言われ、それならば9000円でトラックを借りて自分たちで運ぼうという事になりました。

 

9000円という安さに惹かれ自力での引越しでしたが、このやり方はかなりハードでした。
2階からベッドや洗濯機を運ぶのは素人にはとても大変ですし、レンタカーは借りられる時間も限られている為です。

 

そして、家を購入し子供を含め3人分の引越しをした時の話です。
前回のレンタカー引越しがとても大変だったという事でまず引越し業者に見積もりをお願いしました。

 

合計3社に来て頂きましたが、金額はバラバラ。
A社は8万9000円、B社は12万円、C社は14万円。運ぶ物は同じなのに金額がかなり違いました。

 

値切りもあり?と思い交渉した所、一番高い見積もりを出していたC社が半額の7万円にすると言って即決しました。
やはり数社に見積もりを取ってみないと分かりませんね。

 

値切ったからと言って手を抜かれた様子は全くなく、丁寧ですし、運ぶのも設置するのもあっという間でした。

 

引越しをする時にはまず、数社に見積もりをお願いする事をおすすめします。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

驚きの見積価格関連ページ

徹夜になった引越し準備
東京から福岡へ引っ越しで徹夜になりました。
引っ越しのおにぃさんが大変なのは誰のせい?
都内から都内への単身の引っ越しの際、まずはポストに入っているチラシの中から、よさそうなところを選んで電話で見積もり依頼しました。
タイミングと移動手段の大切さ
引越し体験と裏ワザ。引越のタイミングと、ゴミ出し日のタイミングを考える。引越の時に、移動で失敗。
格安で済んだ一人暮らしの引越し(東京→大阪が3万円)
宅配業者の単身パックで格安にできた引越し体験談
ネットで引越し見積もりしたら
一人暮らしの引越しはプロに任せましょう。引越しは実に15年ぶりです。
おまかせコースでの引っ越し
引っ越しのコースは、全ておまかせしますというコースで格安にできた引越し体験談
一人暮らしからの初めての引っ越し
引越しの準備で箱詰めに苦労した体験談
繁忙期は避けたい引越し
最初の引越し業者さんは、60万円を越えていました。
見積もりの大切さ
引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。
引越し祝いに喜ばれるもの
私の体験談も交えてオススメしますが、もし周りにそういった方が居て、その方に対して引越し祝いに何を贈ろうか迷っている方がいましたらおススメのグッツがあります。
引越し作業中に出た要らないもの
引越しともなると、まだ使えるから、いつかは使うからで残していた物が、実はそんなに必要じゃなかったということが浮き彫りになると思います。
新卒引越体験談
新卒で神奈川勤務になった私。福岡からはかなり遠く学生時代から一人暮らしをしていたので荷物は想像以上に沢山ありました。
引越し業者と上手に付き合う
引越し業者と上手に付き合うための3つのコツ
引越しの挨拶で渡すべき品物
引越しの挨拶でティッシュや洗剤などを挨拶の品物として渡すのが一般的ですので、そういった物で良いと思います。