引越し 一人暮らし 見積もり

引越し業者の見積もり

引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。

 

私は過去に5回くらい引越をしましたが、回数を重ねる毎に安く見積もってもらうコツが分かってきました。

 

まず、どんなに小さな引越でも、かならず複数の業者に見積を依頼すべきです。

 

そして、他の業者に複数の見積をしていることを伝えます。
たとえ一人暮らしのような小さな引越であっても商売をする側にとっては大切な収益源なのです。

 

それで去っていく業者は値引きの余地がないので避けましょう。

 

それから大きく価格が変わってくる要素として時期や曜日があります。
当然3月末は高いです。平気で通常時の2倍以上になります。

 

可能であれば、一週間でも良いので4月にずらすべきです。

 

あと、土日も避けるべきです。これでも2〜3割は変わってきます。

 

ここまでは基本です。

 

ここからは業者によって変わるようですが、他の引越との相乗りができないかを確認します。

 

同じ地域で午前中に引越があれば、そのトラックと作業員を午後に回してもらうと、値引きができるようです。

 

なので、時間帯は夕方から夜にかけての引越が安くなる傾向にあります。

 

一人暮らしのような荷物が少ない引越の場合は、引越専門業者ではなく赤帽のような個人運送業者も有力候補です。

 

相手が個人の業者なので、当たりが良ければかなり安くなる可能性があります。

 

この場合、多少手伝うと言うと安くなる場合があるので、それも試してみると良いと思います。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ

見積もりの大切さ関連ページ

徹夜になった引越し準備
東京から福岡へ引っ越しで徹夜になりました。
引っ越しのおにぃさんが大変なのは誰のせい?
都内から都内への単身の引っ越しの際、まずはポストに入っているチラシの中から、よさそうなところを選んで電話で見積もり依頼しました。
タイミングと移動手段の大切さ
引越し体験と裏ワザ。引越のタイミングと、ゴミ出し日のタイミングを考える。引越の時に、移動で失敗。
格安で済んだ一人暮らしの引越し(東京→大阪が3万円)
宅配業者の単身パックで格安にできた引越し体験談
ネットで引越し見積もりしたら
一人暮らしの引越しはプロに任せましょう。引越しは実に15年ぶりです。
おまかせコースでの引っ越し
引っ越しのコースは、全ておまかせしますというコースで格安にできた引越し体験談
一人暮らしからの初めての引っ越し
引越しの準備で箱詰めに苦労した体験談
繁忙期は避けたい引越し
最初の引越し業者さんは、60万円を越えていました。
引越し祝いに喜ばれるもの
私の体験談も交えてオススメしますが、もし周りにそういった方が居て、その方に対して引越し祝いに何を贈ろうか迷っている方がいましたらおススメのグッツがあります。
引越し作業中に出た要らないもの
引越しともなると、まだ使えるから、いつかは使うからで残していた物が、実はそんなに必要じゃなかったということが浮き彫りになると思います。
驚きの見積価格
一人暮らしの引越し見積もりをとって、初めてこれほどまでに値段が違うのだということがわかりました。
新卒引越体験談
新卒で神奈川勤務になった私。福岡からはかなり遠く学生時代から一人暮らしをしていたので荷物は想像以上に沢山ありました。
引越し業者と上手に付き合う
引越し業者と上手に付き合うための3つのコツ
引越しの挨拶で渡すべき品物
引越しの挨拶でティッシュや洗剤などを挨拶の品物として渡すのが一般的ですので、そういった物で良いと思います。