引越し 一人暮らし 見積もり

引越し業者の見積もり

引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。

 

私は過去に5回くらい引越をしましたが、回数を重ねる毎に安く見積もってもらうコツが分かってきました。

 

まず、どんなに小さな引越でも、かならず複数の業者に見積を依頼すべきです。

 

そして、他の業者に複数の見積をしていることを伝えます。
たとえ一人暮らしのような小さな引越であっても商売をする側にとっては大切な収益源なのです。

 

それで去っていく業者は値引きの余地がないので避けましょう。

 

それから大きく価格が変わってくる要素として時期や曜日があります。
当然3月末は高いです。平気で通常時の2倍以上になります。

 

可能であれば、一週間でも良いので4月にずらすべきです。

 

あと、土日も避けるべきです。これでも2〜3割は変わってきます。

 

ここまでは基本です。

 

ここからは業者によって変わるようですが、他の引越との相乗りができないかを確認します。

 

同じ地域で午前中に引越があれば、そのトラックと作業員を午後に回してもらうと、値引きができるようです。

 

なので、時間帯は夕方から夜にかけての引越が安くなる傾向にあります。

 

一人暮らしのような荷物が少ない引越の場合は、引越専門業者ではなく赤帽のような個人運送業者も有力候補です。

 

相手が個人の業者なので、当たりが良ければかなり安くなる可能性があります。

 

この場合、多少手伝うと言うと安くなる場合があるので、それも試してみると良いと思います。

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ
page top