引越し 一人暮らし 体験談

引越し業者との体験談集記事一覧

東京から福岡へ引っ越したことがありました。単身で引越しでしたので、当然、荷造りとかは私一人でやることになったのです。私が住んでいたアパートは、6畳一間で、押入れも畳半畳分しかない小さなものでしたので、引越の準備はすぐに終わるものと思ってました。引越の業者さんも見積もりに来たとき、「軽トラ1台で十分ですね」と言っていたぐらいです。ところが、これが甘かったのです。荷造りをやってもやっても、なかなか片付...

2年ほど前、都内から都内への単身の引っ越しの際、まずはポストに入っているチラシの中から、よさそうなところを選んで電話で見積もり依頼しました。すぐ「お家に伺って見積もりします」と言うところは熱血営業マンがやってきて断りにくいことを経験上知っていたので、とりあえず電話での見積もりである程度会社を選別することに。すると、ある会社の電話口に出たのは、いかにもバイトのオペレーターという感じの女性で、かなりい...

引越のタイミングと、ゴミ出し日のタイミングが、ちょうど重なるとは限りません。週に二回のところが多いと思いますので、三日か四日に一度、ゴミの日があることになります。この場合、引越の前々日がゴミの日で、引越の二日後がゴミの日になる可能性があります。どうせ引っ越していくのだから、気にせずに捨ててしまうという考えもあるかもしれません。しかし、少し待って下さい。最後に、大家さんに与える印象は、決して良いもの...

私は、単身で引越をした経験が3回あります。東京での就職が決まり、大阪から引越しをしたのが1回目。 このときは、実家からの引越しのため、家具のほとんどを東京でそろえました。衣服や書籍を少し送る程度だったので、荷物はすべて宅配便で送りました。2回目は、東京都内から東京都内への引越し。当時住んでいた会社の社員寮が売却されることになり、急遽家捜しをすることになったのです。引越し業者を急いで選んだのですが、...

つい先日、隣の市から、引越しをしてきました。現在の住居は、1DKで風呂とトイレが憧れのセパレート!駅からは少しだけ遠くなりましたが、お気に入りです。前の部屋には、15年ほど住んでいました。大学を卒業してから、もう15年も経つのか、と最近の自分の人生の進み行くスピードに、やや焦りを感じて、今回の引越しを思いつきました。まわりはみんな結婚したり、転職したり、転勤したり、離婚したり(これはあまり望ましく...

引っ越しをするにあたり、まずは、電話帳で調べて、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いしました。全て、大手の業者です。その上で、見積もりに来た人の感じが良く、値段の安い所に決めました。知人のご家族に引っ越し関係の仕事をされてる方がいて、使ってくれないかと頼まれましたが、義理がからむと値切りにくくなるので、丁重にお断りしました。見積もりの時より、少し片づけて不用品をある程度処分した頃、もう一度、すでに...

まだ学生だった頃、実家から一人暮らしをするために引っ越しをした時は、全て親に任せていたので、難なく引っ越しの荷物が出来上がり、気づいたら一人暮らしを満喫するまでに至っていました。そして、学生生活にも慣れ、物足りなく感じた私は、もっと広い場所に移りたいと思い、引っ越すことを決めました。ただ、前回と違うのは、親が手伝ってくれないというところでした。前回親に全て任せていたため、何からすべきか、何をすべき...

今、我が家は福岡市に住んでいます。今年の3月末に愛媛県から、引っ越してきたのです。そう、3月末です。引越しの繁忙期です。結局、見積りは7社から取ることになってしまいました。こんなに多くの引越し業者から取りたくはなかったのですが、仕方ありませんでした。だって、料金が高かったのです。最初の引越し業者さんは、60万円を越えていました。私は仰天しましたね。20〜30万円ぐらいで考えていましたから。一人暮ら...

引越を検討する時に悩むのが引越業者の選定ですが、ポイントになるのはなんといっても見積価格です。私は過去に5回くらい引越をしましたが、回数を重ねる毎に安く見積もってもらうコツが分かってきました。まず、どんなに小さな引越でも、かならず複数の業者に見積を依頼すべきです。そして、他の業者に複数の見積をしていることを伝えます。たとえ一人暮らしのような小さな引越であっても商売をする側にとっては大切な収益源なの...

引越しに伴う経費や心身の疲労は相当なものだと思います。特に、単身で引越しともなると、自分自身のケアもそうですが、必要な手続きに至るまで、ほとんど全て1人でこなさなければなりません。私の体験談も交えてオススメしますが、もし周りにそういった方が居て、その方に対して引越し祝いに何を贈ろうか迷っている方がいましたら、私はアロマグッズをお薦めします。最近はアロマグッズも、テレビショッピング等で、もはや常連に...

引越し作業ともなると、一体どこにあったんだろうというくらいに、たくさんの不要な物がわんさかと出てくることがあるのではないでしょうか。いつかは使うから、まだ使えるから、という理由で、我が家にもいくつかそういったものが、家の倉庫の中で何年も眠っています。なかなか難しいことですよね。でも、引越しともなると、まだ使えるから、いつかは使うからで残していた物が、実はそんなに必要じゃなかったということが浮き彫り...

学生時代、一人暮らしをしていた私は、四畳半プラス小さなキッチンと、押入れという小さな和室のアパートに一人暮らしをしていました。引っ越した当初は、荷物も少なく、広々としていた部屋でしたが、約2年間生活をした部屋は知らず知らずのうちに荷物が増え、手狭な部屋になっていました。新しい、引越し先は、今住んでいるところから、直線距離で約5キロです。コレといった大きな荷物もなく、まぁそれほど高くはかからないだろ...

新卒で神奈川勤務になった私。福岡からはかなり遠く学生時代から一人暮らしをしていたので荷物は想像以上に沢山ありました。とはいえ、両親は国内におらず、「実家」がないので必要ないけど大事なものを引き取ってくれる場所がありませんでした。しかたなく神奈川の新居へ持っていく事になったのですが、苦労の連続。まず、会社側が借り入れで新居を用意してくれたのですが、入社前の研修が終わらないと場所を教えてくれない。なぜ...

引越し業者と上手に付き合うためにコツを心得ている人は少なくありません。実際に上手に付き合っている人に教えてもらった秘訣を3つ紹介いたします。頻繁に引越業者を利用している人ならではの上手な使い方です。その一つ目は、引越業者の引越し費用の底値を知るということです。10年くらい前であればそのような情報は誰も知らないようなことでした。でも、最近はインターネットで簡単に知ることできます。距離に対する法律さで...

引越しをするとなると、終わった後に近所の方に引越しの挨拶をしなければいけませんが、その挨拶の時に持っていく粗品は、どういった物が良いか困っているという方もいると思います。そういった方に、とっても簡単にではありますが、実際に渡しが体験した粗品を選ぶアドバイスをしたいと思いますので、参考にしてもらえればと思います。粗品には、どれくらいの金額をかければ良いかで迷うという方はいると思います。あくまでの気持...

一番安い引越し業者は?

現住所の郵便番号 - 〒郵便番号検索
引越し先の都道府県
引越しタイプ
page top